奈良県の耐震住宅 注文住宅なら
テクノストラクチャーで建てる家

テクノホームヤマト 株式会社 紀陽 テクノホームヤマト 株式会社 紀陽

Panasonic耐震住宅工法テクノストラクチャー

テクノホームヤマトTOP > 当社の家づくりの強み > Panasonic耐震住宅工法テクノストラクチャー

木のぬくもり☓鉄の強さ テクノストラクチャー工法の強さ

木の梁に鉄を組み合わせることで強度を高めた「テクノビーム」を使ったパナソニックの耐震住宅工法テクノストラクチャー。2階建て以下の木造建築では義務化されていない構造計算を、一棟ごとにすべて実施。最高等級の耐震性能を数字で示して、確かな安全性を実現。

日本人が愛する木の家の温もりに、地震をはじめとした災害に対する大きな安心をプラスした住まいです。

耐震等級最高の3相当

木と鉄のオリジナル複合梁のテクノビーム

テクノストラクチャーでは、木と鉄を組合わせた「テクノビーム」を採用。梁に鉄骨を使用することで通常の木の梁と比べるとたわみが少なくなります。長い年月が経過した後も、梁のたわみからくる骨組み全体のゆがみがおさえられます。
さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。

木と鉄のオリジナル複合梁のテクノビーム

従来の木造構造

従来の木造構造

木の梁(ベイマツ無等級材)の場合、
長期間の過重でたわみがどんどん進行していきます。

構造もグラグラ不安定に…
義務はないので

一般的な2階建て木造住宅は、構造計算を行っていません。

建築基準法で定められた4〜10種の構造に関する項目をチェックしています。

4~10項目程度をチェックしています

構造計算で安全性を確かめていませんが、
きっちり施工しているので大丈夫です。

不安ではありませんか?

テクノストラクチャー工法

テクノストラクチャー工法

新築時から30年後のテクノビームのたわみ量は
木製梁の1/4以下と、高い耐久性を示しました。

長く住めば差がでる耐久性
義務はないけど

388項目を構造計算で一棟一棟チェックしています。

※「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(平成20年)」に準拠した388項目について構造計算を行っています。

388項目を構造計算しています

建物の強さを数字にして示す構造計算を全棟実施。
構造計算書と構造計算保証書をお渡しします。

当社は「強さ」を証明します!

テクノストラクチャー工法は、法定で定められたレベルよりも
はるかに厳しい基準で設計されています。

建物の強さを数字にして示す 誰が見てもわかる具体的な安心感

建築には目に見える安心感が必要なのでは?
そう考えた、建物の強さを数字にして示す『構造計算』をすべての住まいに行うテクノストラクチャー工法を当社では採用しています。

「しっかりした職人が、きっちり施工しているから多分大丈夫です」ではなく、誰が見てもわかる具体的な安心感をお約束します。

誰が見てもわかる具体的な安心感

強さを裏付ける3つのポイント

  • 一棟一棟、構造計算

    一棟一棟、構造計算

    専門スタッフが、すべての項目がOKになるまで何度でもチェックを行います。

  • 性能評価で耐震基準最高等級相当

    性能評価で耐震基準最高等級相当

    「構造の安定」に関する4つの項目で最高等級相当となる工法です。

  • 実験で震度7を5回クリア

    実験で震度7を5回クリア

    阪神大震災のデータを用いた揺れを加える実験を、5回にわたってクリアした工法です。

耐震性以外も強いこだわり! 長く住み続けられる住まい品質

いつまでも安心して長く住み続けられること。
いつまでも快適に便利にお得に暮らし続けられること。
「住まい」はそうあるべきと考え、当社では高い住宅品質を採用しております。

長期優良住宅以上の高品質住宅 性能にはとことんこだわります

テクノホームヤマトは、住まいの性能に妥協はしません。
住宅性能評価の「構造」に関する項目はもちろん、全8部門で最高等級相当となる仕様を標準としております。

  • 耐震(倒壊防止)最高等級3相当
  • 耐震(損傷防止)最高等級3相当
  • 耐風最高等級2相当
  • 耐積雪最高等級2相当
  • 劣化対策最高等級3相当
  • 空気環境最高等級3相当
  • 温熱環境最高等級4相当
  • 維持管理最高等級3相当

長期優良住宅の認定を受けるためには所管の行政庁等で技術審査を受ける必要があります。テクノホームヤマトでは、長期優良住宅普及促進法に定められた基準に基づいた仕様を標準仕様としております。詳しくはお問い合わせください。